新ハイキング井の頭 会則 

第1章 総則

(名称)
第1条 当会は、昭和36年に創立され、「新ハイキングクラブ井の頭支部」と称する。尚、通称として「新ハイキング井の頭」を、また、略称として「新ハイ井の頭」、「SHC井の頭」、「井の頭支部」等を称する。

(目的)
第2条 当会は、「新ハイキングクラブ」の支部として、次のことを行うことを目的とする。
1)自然とのふれあいをもつ登山、ハイキング、スキー、等の山行など
2)上記を通じての会員相互の親睦・友好・向上などを図るために、基礎的な知識と技術の研究・習得、機関紙(会報・HP)の発行など

(会員)
第3条 上記目的に記載の趣旨に賛同し、申し込みをし、会費を納入した者とする。

(会費)
第4条 当会の会費は、年会費とし、その金額、納入方法については、別途これを定める。

(会事務所・局)
第5条 当会は、事務所を運営委員会で決めた委員の住所に置く。

第2章 総会

(総会)
第6条 当会の総会は、定時総会および臨時総会とし、定時総会は、毎年、定期的に開催するものとし、臨時総会は必要に応じて臨時に、これを開催するものとする。

(招集)
第7条 当会総会は、支部長がこれを招集するものとする。
尚、総会を招集するには、会日の1ヶ月以上前に、会員に対して、その通知を発送するか他の方法で知らしめるものとする。

(案件)
第8条 定時総会では、以下の案件を検討・審議するものとするが、必要に応じて追加できるものとする。
1)年度事業の検討・承認
2)年度予算の検討・承認
3)運営委員の推薦・承認(2年毎)
4)その他

(決議の方法)
第9条 総会の決議は、全出席会員の過半数以上をもって、これを決する。

(議長)
第10条 総会の議長は、代表たる支部長がこれに当たる。支部長に事故がある場合は、副支部長がこれに代わる。

(議事録)
第11条 総会の議事については議事録をつくり、これに議事の経過の要領およびその結果を記載し、議長が署名し、記名・押印することとする。

第3章 運営委員会及び運営委員等役員

(運営委員、監査役)
第12条 当会には、会の運営、諸問題の調整・決定などのために、数名から成る運営委員および複数の監査役を置くものとする。

(選任の方法)
第13条 運営委員および監査役は、当会の会員の中より総会において選任するものとする。

(任期)
第14条 運営委員および監査役の任期は、2年とするが、再任を妨げないものとする。

(解任)
第15条 運営委員および監査役は、何時にても総会の決議をもって解任することができる。

(支部長)
第16条 当会は、運営委員の互選をもって支部長1名を置く。また、支部長は副支部長を4名まで置くことができる。

(運営委員会)
第17条 運営委員で構成する運営委員会は、必要に応じ開催し、事業展開、全体企画、山行調整、広報、渉外、保険、財務・会計、リーダー養成、救難対策、などの検討、計画、実施などを担うものとする。尚、支部長は、本運営委員会を随時開催できるものとする。

(リーダー)
第18条 運営委員会は、会員の中より、経験・技術のあるリーダーを選定できるものとする。また、各山行においては、サブリーダーを置くものとする。

第4章 例会、リーダー会等

(例会)
第19条 総会のほかに、当会の目的遂行のため、月1回例会を開催する。

(リーダー会)
第20条 また、当会の目的遂行のため、必要に応じ、運営委員会により選定されたリーダーを中心に、リーダー会を開催する。

第5章 計算・会計・その他

(業務・会計年度)
第21条 毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(改訂)
第22条 本会則の改訂が生じた場合は、総会の議決権により改訂できるものとする。また、必要に応じて、付則などを制定できるものとする。

2005年3月16日制定

新ハイキング井の頭