2013年山行報告  

快晴の正月初山行

正一位岩走神社〜天竺山〜秋留の湯

期日     1月7日(月) 快晴
グレード    一般向きA
係       山田 小蔦 山崎
参加者数   20名
参加者名   伊佐 井上 猪又 内田 岡部 奥田 吉備 貴家 柴田 高橋 高橋 飛内 長野 丸岡 山田 雪江 葭原

コースタイム  武蔵増戸駅9:07→庚申堂9:26→成就院9:27〜31→正一位岩走神社9:36〜38→大悲願寺9:45〜48→横沢小机林道分岐9:55→伊奈石石切場跡10:21→天竺山10:33〜42→武蔵五日市駅11:10⇒秋川駅11:26→秋留の湯11:35

 武蔵増戸駅広場で新年の挨拶を交わしてからスタート。増戸中学校・増戸小学校が並んでいる北側の道路を過ぎると成就院に突き当たる。参拝のあと正一位岩走神社へ向かう。
 この神社は、平安時代末期(1152年)信濃国伊那郡の石工12名がこの地に来て村を開き、戸隠大明神を勧請したのが始まりという素朴な白木造りの神社です。(新ハイ611号から)参拝のあと大悲願寺へと向かった。大悲願寺は五日市七福神の1つですが、七福神の旗もなく、静寂そのものでした。観音堂から北側の細道を下ると横沢小机林道で6月下旬には田圃にホタルが乱舞する処です。
 突き当たり左側で腕章をつけた市の管理人がいて天竺山への道を教えてもらった。山頂には村社三内神社本社があり、標高301mの標柱が立っていた。一気にくだって武蔵五日市駅へ到着、11:17の電車で秋川駅へ。
秋留の湯では、1時間半程入浴後、13時から個室を借り、ボリュームのある特選あきがわ御膳を囲んで、新年会です。ビール・お酒でほろ酔いになったところで、全員の自己紹介。
 井の頭入会の年度と、今年の山行の抱負を語りながらの、楽しい親睦の宴となった。  (コースタイムとも記 山田)

新ハイキング井の頭