2015年山行報告  

江戸城石垣の石切場

離山〜ナコウ山

期日     1月24日(土)  曇時々晴
グレード    一般向きC・日帰りコース
係       柴田 杉山
参加者数   9名
参加者名   高橋 高橋 川端 蔵野 中野 澁澤 渡辺 

コースタイム  JR宇佐美駅10:00〜20→離山登山口10:53〜58→離山石切場11:22〜26→羽柴越中守石場13:05〜46(昼食とナコウ山頂往復)→江戸城石丁場遺跡14:25〜36→比波預天神社14:54〜58→JR宇佐美駅15:15(解散) (記 杉山)

 宇佐美駅より、海岸線を歩く。海抜ゼロメートルからの山登りは初めてで、思わず高度計をゼロに合わせた。
 離山は、竹の多い山で静かな山歩きが楽しめる。離山から尾根伝いにナコウ山を登るが、ここが急登になっている。おまけに前日の雨の影響か滑る滑る。登山道に張ってあったロープにつかまり、ツルツル滑りながらなんとか登ることができた。急登を登り終えると、一転してなだらかな尾根になる。陽だまりを見つけてナコウ山頂のすぐ下でお昼となった。
 下りは、尾根から離れて沢沿いを歩いたが、ここは、その昔江戸城の石垣をとったことで有名な場所だそうだ。実際に登山道沿いに、切り出そうとしたと思われる石が並んでいる。ここでは、石を切り出した大名が、自ら切り出した石を判別できるように、さまざまな模様を石に彫り込まれていることが見て取れた。
 最後に神社(延喜式にも載っている由緒ある神社だそうだ。)に参拝し、海と山、そして江戸の文化を感じた山行となった。 (記 高橋・高橋)

新ハイキング井の頭