2017年山行報告  

趣向そそる湯に浸かり、雪の頂へいざ

三条の湯〜雲取山

期日   3月11〜12日(土・日) 晴・晴
グレード    やや健脚向き・1泊2日コース
係       山本 山崎 河野
参加者数   6名
参加者名  田中 服部 関

コースタイム  1日目奥多摩駅8:35⇒お祭9:15〜30→塩沢橋11:00→青岩谷出合(林道終点)12:30→三条の湯13:00  2日目 三条の湯6:40→三条ダルミ9:50〜10:00→雲取山10:50〜11:40→奥多摩小屋12:15→ブナ坂12:40〜45→堂所13:35〜40→小袖乗越14:50〜15:00→鴨沢15:35〜58⇒奥多摩駅16:39

 1日目 お祭からの林道その周辺にはなぜか雪見えず。又路面の凍結、後山川の水際の岩の氷結も見えず。 そのままが林道終点、更には三条の湯まで続いた。春の気配を強く感じた日であった。 とは言え、着いて間もなく空身で、以前来たときアイゼン無しでは通れなかった箇所チェックへ。 宿の先、木橋を渡った坂の途中、水の湧き出す所がカチカチの氷塊となっていたが、排水溝が造られ、その心配は無くなっていた。
 2日目 今日のスタートもアイゼン無し。周辺に雪ほとんど見えず。踏跡の凍結も時々現れる程度。オオルリの鳴き声や、キツツキのドラミングを聞きながら、ゆっくり高度を稼ぐ。 1500メートル辺りから踏跡の凍結が多くなりだし、アイゼン装着。 三条ダルミでクッキリ富士山! 雲取へは凍結硬く、一歩一歩アイゼン利かせて登る。幸いにも秩父側からの風弱く、春を感じた。 雲取山頂では、新旧三角点にタッチ。ただ残念は、2都県合同で建てたバカデカイ石造りのモニュメント。三角点近くで、山頂の雰囲気ぶち壊し。 これを救ってくれたのは、大パノラマ!富士周辺の山々、赤石〜塩見〜北岳〜駒の南ア、浅間山の斑な山腹もクッキリ。 八ヶ岳はほぼ奥秩父の為見えず。浅間との中間遠く、白い連なりは北ア? 芽吹き前のカラマツ林を見ながら、雪や凍結の無い早春賦の世界を下りに下る。    (コースタイムとも記 山本)

新ハイキング井の頭