2017年山行報告  

桜と展望を楽しみました

身 延 山

期日     4月4日(火) 晴
グレード    一般向きC・日帰りコース
係       鈴木 平尾
参加者数   7名
参加者名   我妻 小川 玉上 内藤 服部

コースタイム  王子駅改札口6:35⇒身延山久遠寺9:00〜30→丈六堂10:00→大光坊10:30〜40→光明坊11:30→奥之院思親閣12:00〜13:00→追分感井坊13:50→松樹庵14:50→妙石坊15:12→三門15:30〜45⇒八王子駅南口18:45

 身延山はマイカー規制中だったが、タクシーの特権で本堂脇まで車で上がる。先ずは桜見物。境内には見事な垂れ桜が何本もあり、青空の中ちょうど見頃を迎えていた。東コースの表参道は、大光坊までは舗装道。その後も山道と言うより杉並木の中の参道と言う感じ。 所々に「〜丁」と書かれた石があり、山頂が50丁とのことで励みになる。満開のミツマタや真っ白な富士山、蛇行する富士川が望め、気がつけば奥の院だった。 奥の院には数日前に降った雪が残り、雪の中、山頂表示を探すが、山頂表示は北展望台にあった。北展望台からは、雪をかぶった素晴らしい南アルプスの山並みが望め、山座同定を楽しむ。  下山の西コースは斜度が緩い分、長い杉並木歩きが続き、飽きたころに麓の日蓮聖人御墓に着く。そこはまた濃いピンク、薄いピンクの重なりあう桜の園で、桜に歓声をあげながら三門にまつタクシーに乗り込んだ。混むこともなく、ぽかぽか陽気の中の楽しいお花見ハイクだった。       (コースタイムとも記 鈴木)

新ハイキング井の頭