2017年山行報告  

歴史の旅のあと、秘湯を満喫して新緑の山へ

荒船山〜下仁田温泉清流荘

期日     5月22〜23日(月〜火) 1日目 晴  2日目 晴
グレード    一般向きB・一泊2日コース
係       雪江 山田
参加者 9名  葭原 安斎 吉備 高橋 伊藤 玉上 福島

コースタイム 日目 上州福島駅11:55〜12:03⇒(タクシー)道の駅12:10〜50(昼食)→楽山園13:00〜45→歴史資料館13:55〜14:05⇒(タクシー)富岡製糸場14:15〜15:10→上州富岡駅15:25〜44⇒下仁田駅16:08〜16:20⇒(タクシー)清流荘16:25
   2日目 清流荘9:00⇒(タクシー)内山峠9:36〜40→避難小屋11:22→経塚山(山頂)12:00〜25→避難小屋(展望台)12:55〜13:00→内山峠14:25〜28⇒(タクシー)下仁田駅15:00〜08乗車

 1日目 電車事故で上州福島駅に着くのが1時間遅れになってしまった。駅にはタクシーが1台しかなく、手配してもらって食事ができる道の駅へ。 食事を済ませて織田信長の子孫が造ったという大名庭園「楽山園」へ。ビデオで説明をみて散策。なかなか素晴らしい庭園だ。近くの武家屋敷跡を散策し、歴史資料館前でタクシーを呼んで富岡製糸場へ。案内付きが分かりやすいということだったので、ガイドさんに説明してもらいながら見学した。 近代日本の工業化の発祥の歴史を学んだ。歩いて駅に行き、電車で下仁田駅へ。明日のタクシーの予約をして清流荘へ。川沿いの古びた宿で川魚の養殖をするような池が沢山ある。食事はイワナや自分の処で作っている野菜、イノシシの肉などが出た。露天の岩風呂もなかなかだ。
 2日目 内山峠、標高1050mくらいの処までタクシーで行けるので助かる。モミジの樹が多く、若葉の緑がすばらしい。600mほど行くと大きな岩壁の前に出た。岩を回り込んで登っていく。急な岩場があり、はしごや鎖場などになっている難所が続く。出発から1時間半ほどで平らな処に出た。ちょっと行くと避難小屋があり、その先はほぼ平らな歩きやすい新緑の道だ。頂上近くになると、また急な登りになるが、ほどなく頂上に着くことができた。案内書にある標 準時間より10分余分にかかっただけで着くことができた。
 帰りは案内書には90分とあるので、2時間あれば十分だろうと思って出発する。避難小屋の処の展望台で崖下を覗き込み、景色を眺める。その後の岩場は慎重に下りる。岩場で時間がかかってしまった。岩場を過ぎた後はかなり急いだので、タクシーの予約時間にようやく間にあった。 コースタイムより30分余分の2時間丁度だ。タクシーで駅に戻って予定の電車に乗ることができた。 新緑がとてもきれいな山であった。 (コースタイムとも記 雪江)

新ハイキング井の頭