2017年山行報告  

つつじの花と新緑を満喫

甘 利 山〜ゆーぷるにらさき

期日     6月9日(金) 晴
グレード    一般向きA・日帰りコース
係       雪江 井上
参加者数   9名
参加者名  安斎 飯泉 吉備 中村 福島 山口 葭原

コースタイム  八王子駅南口7:10⇒双葉SA8:30〜40⇒韮崎IN8:46⇒甘利山駐車場9:27〜40→甘利山山頂10:10〜18→南甘利山10:48→昼食11:25〜50→椹池キャンプ場12:20〜40→椹池トイレ12:46⇒ゆーぷるにらさき13:17〜15:00⇒談合坂SA15:50〜16:05⇒八王子駅南口16:50解散

申込者が少なく中途半端な人数になったため、2人ばかりに事情を話し辞退してもらって、マイクロバスからジャンボタクシーに切り下げて9人で実施した。 車は順調に走り、甘利山の駐車場に着いた。それまで車に出会わなかったが、駐車場にはたくさん止まっていて驚いた。 レンゲつつじは咲きだしたばかりのようで満開とはいかなかったが、なだらかな道の両側に頂上まで続いていた。ゆっくり花を堪能して、椹池方面に向かった。道の両側が笹になり、レンゲつつじが笹にうずまるように所々に生えている状況になった。笹の道端の所々に蕨が顔を出していた。 新緑の林の中の道になり、しばらく下って登り返したところに大笹池方面の案内があった。どんな処か行ってみようと進んだが、途中から急降下になっていたので、諦めて引き返した。 分岐の処に戻る直前に南甘利山山頂の表示があった。椹池方面はかなり急な下りであったので、滑らないように注意して下った。 平らな処に出たので昼食とする。新緑の森の中で足元にはもみじの苗がいっぱい生えていた、緑は気持ちがいいのだけれど、小さな芋虫が口から糸をはいて下りてくるので、食事を早々に切り上げて出発した。 道はなだらかな下りになり、ほぼ平らな道になると椹池に着いた。明るくてきれいな池だ。キャンプ場の人がクリンソウが咲いていると案内してくれたので見に行く。群落になっているようであったが、今年はまばらにしか咲いていなかった。銀蘭も咲いていた。気持ちの良い池だったので半周歩き、そこから車に乗ってゆーぷるにらさきに向かった。 道の駅と一緒になった韮崎市の施設でプールも併設されていた。ただ、食事をするところが、道の駅の方にしかないということで、道の駅に行き、買い物などをして帰途に就いた。5時前に八王子駅に着くというこれまでにない早い帰りであった。(コースタイムとも記 雪江)

新ハイキング井の頭