2017年山行報告  

地図作成の原点探索(3)

電子基準点(足立)〜霊岸島検潮所跡 他

期日     6月17日(土) 晴
グレード    一般向きA・日帰りコース
係       篠原 
参加者数   2名
参加者名  田中

コースタイム  北綾瀬8:57→電子基準点(足立)9:30〜48→小右衛門町10:02⇒千住4丁目10:12→○不千住大川町10:22〜38→北千住11:00⇒南千住11:03→○不橋場2丁目11:30〜38→○不今戸2丁目11:48〜55→隅田公園12:00〜25→待乳山聖天12:28〜42→浅草13:02⇒宝島13:15→霊岸島検潮所跡14:05〜20→八丁堀14:30(解散)

@電子基準点  GPS衛星からの電波を受信し、その観測データは常時国土地理院に集められ、電子基準点位置の変化を毎日監視している。1992年から設置が始まり現在日本全国でおよそ1300地点にある。 (伊豆諸島などを除く東京都には8ヶ所に電子基準点がある。)
A几号水準点  現在東京にその存在が確認されている45ヶ所の几号水準点巡りが今回で完了。  几号水準点も種々の形式があり、鳥居や石垣などに彫られたもの、台石などで平面上になっているもの等々、いろいろなパターンがあることが分かった。
B霊岸島検潮所跡  東京湾での満潮位、干潮位を数年にわたり測定を繰り返し、それらの平均値を計算して、高さ0mが求められた。日本水準原点はこの0mから求められたものであることを知っておく必要 がある。  (コースタイムとも記 篠原)

新ハイキング井の頭